20代からの妊活

20代からの妊活

女性の一生のうち、20代は女性ホルモンの分泌がピークとなる時期です。ひと昔前の女性の平均結婚年齢は20歳前後、20代で子供を4~5人産みあげていた時代の女性と現代の女性は、何がどう違うのでしょうか?・・・もちろん男性もですね。
20代といえば、一般的には、高校や大学を卒業後、就職。仕事を始めて数年目、若さゆえに体にも無理がきく年齢なので、生活が不規則な方が多い頃ですね。朝食はヨーグルトのみ、コーヒーにトースト、菓子パン、チョコ、市販のカフェオレ、又は食べない・・・という方が圧倒的に多い年代と感じます。また、コンビニや24時間営業のスーパー、テレビ、スマホなどの影響で就寝時刻が深夜0時を過ぎて、夜型の生活になり、自律神経のバランスが乱れやすくなっています。昔は無かった家電、冷蔵庫、エアコンの普及に伴い、冷たい物を飲食する事が習慣となり、内臓から冷えて血行不良になりやすい。
ほんの一例ですが、このような生活スタイルの変化により、女性の月経不順、PMS(月経前症候群)を含め月経困難が増えています。20代、知らずうちに、仕事によるストレスから、婦人科疾患がより深刻になるケースが多くみられます。
幸いにも、体づくりに取り組んでいかれると、自然妊娠に至る方の割合が高いのが 20代の特徴です。子宮や卵巣の元気を取り戻すのに、まだまだ気軽に取り組めます。又、結婚前からのご相談が一番多いのも20代です。