子供の眼活

弱視

「見る」というのは眼球だけの機能ではできません。外からの光を受け止める眼球と、電気信号を伝える視神経細胞と、信号を認識する脳が正常に機能しなければ、物は正しく見えません。生まれた頃の小さな眼球ではピントが合いませんが、眼球が大きくなるに従ってピントのあった合った映像が網膜に届くようになり、少しずつ正しい映像を伝えていくことで、脳の認識能力が発達していきます。
つまりこどもの目の発達には、たえずものを見る訓練が必要なのです。もし、視力が発達する段階で見る訓練ができなければ、視力の発達は抑えられ止まってしまいます。これを弱視といいます。めがねをかけると見えるようになる近視とは分けて考えます。

弱視

治せる弱視を見逃さないために

先天性白内障など、見た目でわかりやすい病気が原因の弱視は、比較的早期に発見されます。けれど、屈折異常など見た目ではわからない弱視は、発見しにくいため、小学校に上がるまで発見されないことも多くなります。
三歳児視力検診は、家庭でのチェックを正確に行い、その時の様子などもきちんと記録しておきましょう。片方はよく見えているからと安心してはいけません。片方だけ視力が悪いことも弱視の原因となります。
転びやすい、本などに集中するのが苦手、周りの物に興味を示さないなどは、弱視が原因かもしれません。普段から気になるしぐさがあれば、眼科を受診して視力検査を受けておきましょう。

視力は6歳頃までに発達する

視力は、生まれたときは光を感じる程度で、乳幼児期に急激に発達し、6歳頃には成人並みの視力にまで発達します。人間の能力は、正しく繰り返し使うことでより発達しますが、視力も同じです。赤ちゃんの頃からいろいろな物を見ることによって、それが刺激となって神経細胞や脳細胞が発達していきます。健康に視力を発達させるためには、両目を同時に正しく使って見る、ということが重要なのです。もし弱視なら、この視力の発達期にできるだけ早く発見したいものです。

メガネで訓練する

弱視の場合、メガネをかけて網膜にピントの合った状態に矯正しても、脳までの連絡回路が未発達で正しい信号を送ることができないため、きちんとした映像を認識できません。 裸眼視力も矯正視力もあまり変わらないのです。
ですから、最初はメガネをかけても見え方は大して良くなりません。そのため、弱視の子の中にはあまり意味を感じないで嫌がる子もいるでしょう。
けれど、メガネでピントの合った物を見続けることによって、視神経の連絡回路が発達し、見る力がつき、弱視が治ってくる場合があります。

弱視は早期治療・訓練が大事

視力が急激に発達している幼児期に訓練することで、弱視の治療効果は高まります。
そのためには、できるだけ3~4歳頃までに発見し、6歳頃まで訓練を続けることが理想です。
両目に屈折異常がある弱視の場合は、メガネをかけることで弱視の訓練になります。
片方だけ弱視の場合、良い方の目を隠し、悪い方の目を強制的に使わせるアイパッチ訓練も行います。どちらも短期間に効果が現れることは少なく、長期的に訓練を継続することが大事です。またすぐに視力が上がっても、良い視力が安定するまで訓練を続ける必要があります。ともかく弱視の場合は、視るという機能を使わないと発達してくれないのです。

10歳まではあきらめずに!

もし6歳までに弱視が発見されず、小学生で訓練を始めることになっても、決してあきらめないでください。視力の発達期には個人差がありますし、10歳頃までは視力が伸びて弱視が治ったというケースもたくさんあります。小学生は、勉強しながらの弱視訓練で大変ではありますが、自分で理解して納得の上で訓練できる年齢でもあります。親子で協力し合って弱視訓練を続けてください。

子供たちの視力低下