漢方ダイエットとは?

ダイエットは体重を減らしさえすれば成功ですか?

一時的に体重を減らすだけなら、気合で何とかなるかもしれません。しかし変なダイエットをすると、減量できても、太りやすい体になってしまいます。中には、体重は減っても、体脂肪率が上がってしまった…という人もいるのです。

こんな結果になった人を、世間では「やつれた…」と呼んでいます。また、せっかく痩せたのにすぐにリバウンドしやすく、これを繰り返しているとそのうち元に戻るどころか、それ以上に肥ってしまいます。

漢方ダイエットでは、スピーディーな減量を目指していますが、目的はそれだけではありません。脂肪を優先的に消費させるために、空腹感や疲労感を感じにくく、筋肉やコラーゲンを損なうことなく減量できるので、健康的な体形を手に入れることができます。

運動や食事制限は必要ですか?

一般的にやせるのに必要なのは、「運動をして食べる量を減らせばいい!」と思われています。しかしこれでは、なかなかダイエットの成功は望めません。

まず初めに、運動が悪いとは言いませんが、運動で痩せるにはかなりの運動量が必要です。多くの人はきつい思いをしてほとんど痩せていないことに愕然となり、残念なことに運動することを全くやめてしまいます。

次にカロリーを減らすことについてですが、確かに今までよりも食べる量を減らせば、痩せます。ところが、襲い掛かる空腹感と疲労感に打ち勝たなければなりません。しかも、それに耐えて、体重を落としたとしても、結果的に、筋肉が落ち、体脂肪がほとんど減っていなければ、何のためにキツイ減量をしたのかと、疑問を通り越して、悲しくなってしまいます。

私たちは、生きて普通に生活しているだけで、たくさんのカロリーを消費しています。漢方ダイエットでは、初めはわざわざきつい運動をする必要はありません。体重が軽くなれば、自然と体を動かしたくなります。そうして初めて軽い運動を取り入れていけばいいのです。
また、健康的なダイエットのためには、まず脂肪から優先的に落とさなければなりません。そうすれば、血糖値は温存され、脳からのカロリーの要求は抑えられます。ですから、漢方ダイエットでは、カロリーを減らしていても、すごくおなかが減ったり、疲れやすいということがほとんどおこらないのです。さらに、筋肉や靱帯、骨などをほとんど消耗することなく減量できるのです。

なぜ漢方ダイエット?

ダイエットは、キレイにやせることも大事ですが、もっと大事なのは、太りにくい体になることです。つまりリバウンドしない体や生活習慣を手に入れることです。

漢方ダイエットでは、やみくもにただ減量することを目標にしてはいません。減量はもちろんですが、スリムで健康的な本来の体を取り戻すことが目的です。そのために知っておいていただきたいことがいくつもあります。だからこそ、毎週の体脂肪測定時に必ずカウンセリングを行っています。その際、ダイエット中やその後に必要な様々なことをお伝えしています。

目標体重を達成し、ダイエットが終わっても、自分で体重の維持ができ、もし間違って食べ過ぎても、自分のチカラで簡単に元の体重をキープできる人になってもらいたいと思っています。

漢方ダイエットの相談をしてみる

大人の漢方ダイエット3つのキーワード

  • 代謝をキープ
  • 摂取カロリー
  • カウンセリング

キーワード1 代謝をキープ

年齢とともに運動量や筋肉量も減り、代謝力が低下していきます。大人のダイエットで大事なことは、減量中にいかに代謝をキープするかです。「やせたはいいが太りやすくなった」では困るのです。

やせてスリムになれば、いいことはたくさんあります。まず、身体が軽くなるので、疲れにくくなり、気分が良くなります。体型が細くなるので、動きやすくなり、生活の自由度が上がります。着られる服が増えるので、おしゃれして出掛けるのが楽しくなります。肥ってヒザや腰が悪くなった人や、血圧などの検査数値が悪い人は、やせると一気に解決することもあるのです。

キーワード2 摂取カロリー

運動をするのは良いことです。しかし運動だけで痩せようとするのはとても大変です。そもそもわざわざ運動しなくても、人間は生きているだけで多くのカロリーを毎日消費しています。ダイエットのコツは、消費カロリーを増やすよりも、むしろ摂取カロリーを減らすことに重点を置くことなのです。
大人の漢方ダイエットでは、体脂肪やむくみを優先的に落とすことで、キレイにやせる方法を提案しています。また、このダイエット法では、血糖も温存されるため、カロリー制限をしても、空腹感に悩まされることはありません。

キーワード3 カウンセリング

成長期の子どもと違って、大人は背が伸びません。運動量も少なくなっているので、筋肉もどんどんつくわけではありません。また、女性は閉経を境に体形が変化します。大人には大人の体型維持の方法があるのです。

現代のおとな達は、生活スタイルが様々で、これまで食べてきたものや生活習慣も千差万別です。百人いれば百通りのダイエット法があると言えます。
運動選手が専属のトレーナーのもとで効果的なトレーニングを行うように、漢方ダイエットでは、ダイエットのプロによる定期的なカウンセリングのもとで、問題を早期に発見しながら、短期間で効果的にスリムな体にしていきます。また、ダイエット成功後にどのように維持していくかの知識も丁寧にお教えしています。

漢方ダイエットの相談をしてみる

子供の漢方ダイエット3つのキーワード

  • 子供メタボ増加中
  • 子供の食事は未来を作る
  • すぐに痩せる必要はありません

キーワード1 子供メタボ増加中

小児の肥満は、昭和52年から平成20年までは右肩上がりで増え続け、そこからは少し落ち着いていますがほぼ横ばいに推移しています。つまり現代の子供は昔の子供と比べて肥満児が多いということです。

さらに言うと、未就学児童に比べて修学児童の方が肥満率は倒的に高くなっています。それも低学年より高学年の方が肥満率が高いことも分かってきます。中学生になると少し肥満率が下がりますが、おそらくスポーツをするかしないかで2極化していると考えられます。

メタボリックシンドロームと聞くと腹の出たおじさんを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は子供にも生活習慣病の波は来ています。肥満児は増えていますが、肥満というだけではメタボとは言われません。肥満に加えて、血糖、血圧、血中脂質の異常値があるとメタボと診断されます。

なぜこれが問題になるかというと、これらの悪条件が続くと血管の劣化が始まるからです。
徐々に身体を蝕んでいくので、若い頃からメタボの症状が出ていると、将来的には早く動脈硬化を起こし、脳卒中、心筋梗塞などで倒れる人が増えるのです。すぐに症状が表面上に現れないのが怖いのです。

若くて働き盛りの人がパタパタと倒れている状況が、すでに目の前で起こり始めています。大人になって気を付け始めたのではちょっと遅いのです。

キーワード2 子供の食事は未来を作る

現状から未来をちょっと想像できたと思います。もちろん自分のダイエットに必死でそれどころじゃないという方もいると思います。または仕事が忙しくて…といった環境事情もあるでしょう。

しかし子供を育てるのは親です。子供が普段何を食べているのかを知っているでしょうか?お子さんの好きな食べ物を10個言えいるでしょうか?お子さんの嫌いな食べ物を10個言えいるでしょうか?

子供の肥満の原因の大部分は親にあります。遺伝よりも食事を提供する環境が大きく関わってきます。特に18歳で高校を卒業するまでの子どもの体型に対する責任は親にあります。だからこそ、今のうちからちゃんと食べる力を持つ子どもを育ててあげる必要があります。
逆に言うと、親の目の届く範囲にいてくれる今が、その子の将来の健康を作る一番のチャンスなのです。

これは子供だけでなく大人にも言えることです。太っている人の食卓で育った子供は太る可能性が高いです。いい例が、アメリカにホームステイした人が太って帰ってくると言うケース。知らず知らずのうちに家庭でもそのようなことが起こっています。

ダイエットのために生活を見直すということは自分だけの未来ではなく、子供、社会、日本の未来にも関わってきます。未来のためにできることはなんでしょうか?

キーワード3 すぐに痩せる必要はありません

小児肥満の問題は、スタイルが気になるということではなく、放っておくと寿命を縮めます。ですから今のうちに早めに手を打っておくことが肝要です。しかし、大人のダイエットと違い、スピーディーに痩せる必要はありません。成長期ですから、今の体重をキープしつつ、生活習慣を変えていけば、徐々に身長が伸び、適正な体重になっていきます。

当然ながら、子どもの肥満解決にはまず、親の方も生活を整えていく必要があります。
このダイエットをきっかけに、あなたが子どもの食事や生活習慣にしっかりと向き合うことになれば、望外の喜びです。

漢方ダイエットの相談をしてみる

お客様の声

66歳女性 改善した症状/高血圧・ヒザの痛み

2年前に仕事を辞めてから体重が5~6kg増えました。70kg台が迫ってきたのでダイエットを決意。血圧も高くなり、朝晩の2回降圧剤を飲んでいました。そんな時、漢方ダイエットを始めました。漢方ダイエットを始めてから、3週間ほどで徐々にヒザの痛みがなくなり、階段も登れて、正座もできるようになりました。3ヶ月で約9kgの減量に成功。履きたかったズボンも入るようになってとても嬉しいです。

63歳女性 改善した症状/糖尿病

3年前に糖尿病と診断され、糖尿病の薬を飲み始めました。病院の先生から勧められた炭水化物抜きダイエットをして、一時は体重が3kg減りましたが、すぐに戻ってしまい、それ以上は全く減らず、糖尿病も良くなりませんでした。
そんな時に漢方ダイエットを知り挑戦。その結果、体重は7kg減、体脂肪率も大幅に改善されました。糖尿病も良くなりましたので、糖尿病の薬も飲まなくて済むようになりました。

60歳女性 改善した症状/美容・高血圧

50代から少しずつ体重が増え、昨年からは主人の看病のために仕事を辞めたことから、急激に体重が6kg増加。血圧も上が120から170に上がったので、病院から血圧の薬を処方されていました。
漢方ダイエットを始めて、3ヶ月で10kgの減量に成功。ダイエット卒業後も定期的に計測していますが、さらに少しずつ減量できています。血圧はもとの状態に戻り、薬も飲まなくてよくなりました。体はすっかり軽くなり、以前よりも体力もついています。

53歳女性 改善した症状/美容

2人の子どもを出産後、少しずつ体重が増えていき、最近は1年に2kgのペースで増量していました。甘いものが好きで、介護職で夜勤があるせいか、仕事の休み時間にはついお菓子を食べてしまいました。今まではインターネットで購入したダイエットサプリをいくつか試しましたが、特に効果が感じられませんでした。
漢方ダイエットを始めてから、思ったより空腹感も少なく、比較的ラクに甘いものも食べずに済みました。その結果3ヶ月で6kg減量でき、仕事の制服のサイズも小さくすることができました。

67歳女性 改善した症状/ヒザの痛み・高脂血症・高血圧

5年ほど前から、毎年体重が徐々に増えていき、5年前に比べて10kg程度増えてしまいました。着たい服も着られなくなり、着られなくなった洋服や礼服がクローゼットで数着眠っていました。体重の増加とともに、血液検査の数値も悪くなり、病院から薬をもらって飲んでいました。3年前からは、ジムにも通い、始めた頃は体重も少し減りましたが、その後すぐに戻ってしまい、その後も私なりに頑張ったのですが全く減量できず、その時に知った漢方ダイエットをやってみようと決心しました。
漢方ダイエットを始めて、最初の成果はコレステロールの薬をやめることができたことです。続いて血圧も下がっていきました。その結果10kgの減量に成功し、身体が軽くなり、以前は痛かったヒザの調子も良くなり、毎日がとても楽になりました。漢方ダイエットの期間中もジムには通い続け、周りのみんなから「痩せたね~!」と言われるのがとても嬉しいです。

38歳女性 改善した症状/美容

2人目の息子の出産を境に体重が10kg近く増えてしまいました。着られなくなった洋服や穿けなくなったパンツも捨てられずにいました。サイズアップしたはずの職場の制服が入らなくなりつつあり、危機感を感じていました。そこで、漢方ダイエットに挑戦。一時は体重の減少が停滞した週もありましたが、トータルで7kg以上の減量ができ、捨てずにいた洋服が入るようになりました。

54歳女性 改善した症状/膝の痛み、高血圧

体重が増えるにつれ、以前手術したヒザの調子が悪くなってきていました。また以前から血圧が高く、健康診断の度に痩せるように言われていたのですが、ようやく漢方ダイエットを決意して取り組み始めました。体重計に乗ってグラフをつけ始めたら、自分がいかに食べ過ぎていたかに気付きました。今は、昔の着られなかった洋服が入るようになり、洋服店でいろいろ選ぶことができて嬉しいです。本当に漢方ダイエットをやってよかったと思います。

56歳女性 改善した症状/美容

20代までは体重が45kgだったのですが、産後に増え続けて65kgまでになりました。
漢方ダイエットを始めると見る見るうちに体重が落ちていき、20年ぶりに40kg台になり、服のサイズもなんと9号に!半信半疑で始めた漢方ダイエットでしたが、今はやってみて本当に良かったと思います。

44歳女性 改善した症状/美容

4年前にタバコをやめてから7kg増えてしまいました。いろんなサプリメントを試したり、犬の散歩や、家の中でのトレーニングをしましたが、体重は徐々に増える一方。このままでは埒が明かないと思い切って相談することに。いろいろ説明を聞いて、納得できたので、漢方ダイエットに取り組むことにしました。毎週体重チェックしてもらい、そのたびに結果が出ていたし、アドバイスも分かりやすく、予定通り3ヶ月で卒業!目標まで、めげずに頑張ることができ、なんか体重維持も簡単にできそうです!(*^-^*)

漢方ダイエットの相談をしてみる