Case Study
(体験談)/40代

40代女性(不妊症)

40代女性(不妊症)

Kさんは、ご結婚が30代後半と年齢が高かったため、結婚後1年で病院での不妊治療をスタート。病院での検査で原因はとくに見当たらず、40歳から人工授精1回、体外受精6回を試みましたが妊娠に至らず、体質改善を目的に来店されました。

ご夫婦ともに働いていたため、夕食の時間も遅く、就寝時刻も0時すぎになることが多かったとのこと。朝食は毎日パンかグラノーラ、忙しいなかで簡単にすませていたそうです。ご主人は休みが月4回取れれば良いほうで、仕事のストレスや疲れが気になっておられました。Kさんは以前、病院で子宮筋腫があることを指摘されていましたが、妊娠には問題ないとのことで経過観察中でした。

当初、Kさんは「病院での治療は、やれるだけのことはやった、あとは体調を整えて自然にまかせよう、赤ちゃんが来てくれたら嬉しい」という期待をもってありました。
何が何でも赤ちゃんを・・・という印象は全くありませんでしたので、自分とご主人の体質改善をコツコツと真摯に積み重ねていかれました。

具体的なお悩みとしては、不正出血がたびたびあることでした。子宮筋腫がある場合、排卵誘発剤中止により出血を招くことがよくあります。天然の栄養素、自然薬や漢方薬を併用しつつ3か月で症状改善され、徐々に健康レベルを上げていかれました。

毎日の生活習慣では、特に食事の養生を中心に体質改善をして頂きました。

カチコチのからだをほぐすために、温灸器を毎日役立てて頂き、リラックスの時間を大切にもってもらいました。

体づくりを始めて8か月目に自然妊娠されましたが、その時はごく初期の流産でした。赤ちゃんに一歩近づいたことをお伝えして、すぐに又赤ちゃんが来てくれることを期待できるとお話しました。そして3か月後に妊娠、今は日に日に大きくなっていくお腹を共に見守っています。