Case Study
(体験談)/30代

30代専業主婦(不妊症)

30代専業主婦(不妊症)

ご結婚2年目、30代なかばで既に5回の体外受精をされていました。凍結した受精卵が3個あり、移植前に何とか体質改善して着床がスムーズにいくことを願って来局されました。ご結婚前に、無理なダイエットで半年ほど米食を絶っていようで、体重は減ったものの、月経痛がひどく周期も不安定でした。また、社会人になって働き始めてから、ひどい月経痛に悩まされ、毎回鎮痛剤が手放せない状態が続いていたとのこと。まず、食生活を整えることをアドバイス。主食は米食で、根菜類や具沢山のお味噌汁を中心に、週に3回は魚をメインにした和食を心がけて頂きました。血の道の漢方薬に加えて、天然の栄養素とエキス剤を服用してもらいました。又、ご主人様にもストレス対策の漢方と天然の栄養素で、体づくりを一緒に取り組んで頂きました。その後、月経痛も徐々に軽くなり、口唇の色も明るくなって顔色がよくなりました。体質改善を始めて9か月後に、再度採卵して新鮮胚を自然周期で移植。陽性判定で、無事に妊娠されました。妊娠中も、2~3週間ごとに体調をみながら漢方薬やエキス剤でお産に向けて、体づくりを続けられました。予定日より早めにスピード出産されました。家族3人で初めて来て頂いた時には、パパの子煩悩ぶりに思わず皆笑いました。