Case Study
(体験談)/子供

中学生男子(学習障害)と母親

中学生男子(学習障害)と母親

中学生の息子のことでいつも怒っていたら、たまった疲れがとれなくなりました。

漢方薬で体調不良が一時は良くなったのですが、どうしてもまた疲れがたまってしまう。
息子は言うことを聞かないし、ゴロゴロしていたり、カッとなったりしていて、本当に疲れていたときに、先生に相談して、脳の疲れをとる漢方薬と栄養素を息子に飲ませることにしました。

息子には何も言わず、みそ汁に混ぜたりして飲ませていると、1週間くらいで、「あ、ここキレるかな~」という場合でも怒らなかったということがありました。

なんか良い調子かも…と思って続けていたら、2週間たったころに、近くに住む義理の両親から「○○ちゃん最近ちょっと落ち着いたね…何かあったの?」と聞かれたり、翌月になると学校の先生から、「意欲的に学習に取り組むようになったね」といわれて、効いていることを実感してきました。私も主人も以前はピリピリしていて喧嘩ばかりだったのが、飲んでもらっていたら、主人と息子がニコニコと会話しているのにびっくり。近年じゃありえない景色でした。

いま振り返ると、すごく一生懸命にやっていても、家庭の中が、ぎくしゃくしていて、いつかは良くなるいつかは良くなると言い聞かせて頑張ってました。お互いに体力の余裕ができると、精神的にも余裕ができることがハッキリとわかりました。

薬剤師からのコメント

栄養不足や脳に栄養が届けられない状態では、脳機能は知らず知らずのうちに低下します。そうなると神経伝達がスムーズにいかないので、いろいろな出来事を「不快」と感じてしまう率が高くなります。脳の性能が落ちているから、言動が荒くなったり、言うことを聞かなくなったりするというわけです。

生きていれば、緊張もするし、消耗することもあります。人それぞれ、生まれつき持っている弱点もありますが、漢方では、その人が知らず知らずのうちに無理をかけてきた、カラダの使い方、心の使い方の積み重ねが不調を作っていると考えています。その場所の負担を取ってあげて、栄養を充分に届けてあげれば、性能はおのずと上がっていくのですね。肉体も精神も同じなのです。