Case Study
(体験談)/大人

68歳女性(白内障・緑内障)

68歳女性(白内障・緑内障)

いつも眼が充血していて、午後には特に見えにくくなり困っていました。
眼科では白内障と緑内障が少しあると言われ、目薬ももらっていたのですが、全く良くなることはなく、少しずつ症状は進んでいるように感じました。そこでヘルシーさんに相談して目の漢方薬を飲み始めました。すると飲み始めてすぐに、朝の目覚めが良いな~と感じるようになりました。飲み始めて2~3か月で、充血はほとんどなくなり、夕方になってもしっかり見えるようになりました。いま1年ほど飲んでいますが、白内障・緑内障ともに進行もせず、体も以前より疲れにくくなって、嬉しいばかりです。眼は一生使うものなので、これからも養生して、いたわっていきたいと思います。

薬剤師からのコメント

この方は、仕事が忙しく、いつも目が充血していて目の周りが重く感じ、午後には決まってかすんで見えにくくなり困っていた。眼科では軽い白内障と緑内障が少しあるが様子を見ましょうと言われ、目薬をもらっていたが、あまり効いた感じはしていなかった。というより少しずつ症状は進んでいるように感じていた。
2011年5月7日に目のことで相談を受ける。まずは1ヶ月試してみるということで漢方療法を始められる。2週間ほど経ったある日、仕事のついでに立ち寄られた際に、目がとても軽くなった!と喜びのお声を頂く。
1ヶ月してご来店の際には、充血は完全にとれ、目ヤニも少なくなっていた。
気に入っていただき、その後もそのまま続けて頂く。3ヶ月続けたら、ほとんど不快な症状はなくなったので、漢方の飲む量と回数を減らしていった。
仕事が忙しいときには疲れもたまるので、しっかり服用するが、調子が良くなったら、減らすということを続けて10カ月ほどたった2012年3月31日に来店。
この日はお友達を連れてきていただいた。 ご本人は前日の眼科での検査で白内障・緑内障ともに、進行しておらず落ち着いていると言われ、目の調子も良いので、ぜひ親友にも勧めたいということだった。