Case Study
(体験談)/ALL

86歳男性(ヒザ関節痛)

86歳男性(ヒザ関節痛)

左脚のヒザが痛くて歩けなくなり数年前に手術した。
そのうちに右足の方もヒザが変形して痛みが出てきた。ヒアルロン酸の注射を打っていたが、痛みが少しずつひどくなってきたので、そろそろ手術をと勧められていた。もう年なので何とか手術しないでもいい方法を探していた。これ以上ひどくならなければいいかと思って相談した。

薬局で漢方と足ツボを教えてもらい、始めはこんなもので良くなるのかと思っていたが、取り組み始めて間もなく効果が分かってきた。痛みはほとんどなくなり、階段も右足から降りれるようになった。2ヶ月でかなり良くなったので、これからもしっかり取り組んでいく。

薬剤師からのコメント

もともと偏平足で足首が変形し「O脚」になっておられたのが一番の原因でした。
年齢的なものもあり、なんとか手術をしないで済む方法はないかと相談されたので、まず、筋肉と靱帯を強化する漢方薬をおすすめしました。漢方薬を飲み始めたところ1週間ほどで、痛みが少し改善してきたので、同時に、靴の選び方をお教えして、毎日履くシューズを変えてもらい、歩き方もアドバイスしたところ、間もなく劇的に痛みが改善していき、それまで右ヒザをかばいながらおっかなびっくり歩いていたのが、2ヶ月ほどで、スムーズに歩けるようになられました。また、階段を下るときに右足からでは無理だったのが、今では平気になったと喜ばれています。