Case Study
(体験談)/ALL

57歳女性(後鼻漏、空咳)

57歳女性(後鼻漏、空咳)

鼻の奥からのどにかけて、ねばねばが引っかかって気持ち悪いし、それに伴って咳も出るので、漢方で何とかならないかと思いました。飲み始めて、すぐに口とのどの乾燥した感じが取れ始め、1ヶ月もしないうちに空咳はおさまりました。ねばねばも気にならなくなりました。

薬剤師からのコメント

以前、涙目とドライアイ、乱視で困っていたのが、漢方薬で改善された方。1年以上経つが調子が良い。乾燥の季節(11月時点)になり、後鼻漏と空咳で再度ご相談を受けた。
粘膜の乾燥を治す目的で漢方薬を飲み始めたところ、1週間で口の渇きが和らぎ始め、3週間でかなり改善しました。ドライアイも、後鼻漏も、空咳も粘膜の潤い不足から起こります。漢方薬で粘膜の潤いを戻すことで、様々な場所が一気に良くなることがあるのです。