Case Study
(体験談)/ALL

48歳女性(自律神経失調症・不眠)

48歳女性(自律神経失調症・不眠)

40代に入ってから体調が悪い日が増えてきた。とくにこの1~2年は様々な体調不良が次々と出てきている。肩首のコリをはじめ、寝つきが悪く、たくさん悪夢を見て起きてしまう。便秘がちで胸がつまるような感じがあり、胃腸が動いていないんじゃないかと時々思う。口内炎もよくできて食べるのが苦痛の日もあった。病院で見てもらい胃腸薬や便秘薬、睡眠薬などを処方されるが、クスリを飲んでもその時だけで、体調が回復しているような感じがしない。仕事柄、人の話を聞いてあげたり、歌を歌うことが多かったが、すぐにダウンするようになったので、最近はよっぽどのことがない限り歌も歌わないようにしている。とくにこの4~5日は全身がしびれるような感じがひどくなり、吐き気と頭痛が出てきて、呼吸まできつくなることもあったので、知人に相談したら、宮崎薬局を紹介され相談した。

漢方の体づくりをはじめたが10日ほどはキツイ日が続いた。ただ、夜に仕事をしているときは、気が張っていたのか何とかもったので、良くなっているかもと思って続けた。1ヶ月ほど続けたら少しずつ胸のつかえがとれてきたが、ちょっと頑張ってお客さんの話(愚痴)をずっと聞いてあげていたら、2日間ダウンしてしまった。2カ月目には全体的に体調のいい日が増えてきた。悪化して寝込むことはまだあるが、以前の3分の1くらいに減った。先生のアドバイスもあり、ダウンしそうな時は、スタッフに頼むことができ、お店を任せられるようになった。

半年後には、とても調子が良くなり1日たって仕事もでき、歌もしっかり歌えるようになった。食事もちゃんと入る!眠れるようになり悪夢もなくなった。

薬剤師からのコメント

20年以上夜のお仕事を続けられていて、アルコールを飲む機会も多く、お客さんの悩みを聞いてあげたりして無理を重ねてこられました。娘さんを大学卒業させてあげて、ようやく少しだけ肩の荷を下ろせるという時期でしたが、長年の無理がたたって、体調を崩されたのでしょう。このことをきっかけに、ご自身の体にも手を掛けてあげることが大事かを痛感されました。日々の生活の中で、どんな無理をすると体調が悪化するのか、自分で注意深く観察できるようになったそうです。深刻な病気に発展する前に、体調にも心にも余裕ができて、本当に良かったです。